忍者ブログ
タロット占い師レイのブログ、占ったり雑談したり。 HPはこちらhttp://moonlightclub.yumenogotoshi.com/
09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    タロットで振り返る大相撲夏場所占い

    例によって例のごとく、横綱白鵬25回目の優勝で千秋楽幕を下ろした大相撲
    夏場所、7日目終了時点で占ったタロット占いやツイッターでのプチ占いから
    抜擢して、その後の状況を検証してみたいと思います。

    参照記事
    大相撲夏場所占い-8日目~千秋楽の展望予想 
    http://etrangertarot.blog.shinobi.jp/Entry/324/

    星は7日目終了時のもの

    >白鵬   東横綱   7勝0敗   今場所成績 15勝全勝占い

    ①金貨の騎士R 停滞や延滞、マンネリ感を表します。
    徐々に悪い流れに傾いてしまい相応の成績は上げるものの優勝への気力を失う・・・
    もしくはカードの現す平凡性というのは途中星を落として優無難な成績での優勝
    いうことか、どうにも中途半端な印象を受けます。微妙に調子としては悪そうです。

    ②バケーション 
    「日常生活とストレスから離れる必要があります。ゆっくりと休んで新鮮な気持ちに
    なるために、今すぐにでも時間を作りましょう」
    イライラ、落ち込みといった状況が想像できます。それが1日二日で済むのか、
    その隙が仇となりズルズル引きずってしまうのか。①②のカードの印象では、
    すべてが思い通り、順風満帆という訳ではなさそうですね。


    金貨の騎士逆位置を開いた瞬間、一番真っ先に思い浮かんだ言葉が「マンネリ」
    「平凡性」多少カードが冴えなくても優勝する実力の持ち主とはいえ、この調子じゃ
    星の一つや二つは落とすかな?と思ったのですが、なんのなんの。横綱の言う
    平凡性とは=優勝、偉大なるマンネリなのである(; ・`д・´) 

    14日目の優勝を占う大一番(ツイッタープチ占い参照)、横綱白鵬、取り組み内容に
    剣の騎士R焦りや先を急いで隙があるイメージ。 成績 =正義 実力が
    評価される 内容は万全ではなくても勝利、と呼んだのですが、立会前に一度嫌って
    いたり、変わり気味に組み止めているという一幕が。策略>焦りになるところが
    横綱の強みなのでしょうか。


    >(優勝争い)そして肝心の横綱はどこか輪の外から眺めているようなイメージ。
    自分の取り組みの前に優勝が決まってしまう、ということだったんでしょうか(;・∀・)

    横綱を占う上で難しいのが、良いカード=全勝優勝 ちょっと良い・普通なカード=
    普通に優勝  ちょっと悪いカード=追われ追つつ優勝 悪いカード=中盤までに
    星を落として場所が荒れる とっても悪いカード=流石に早々で優勝争い離脱
    と、イタリアの信号認識みたいなもので、多少悪くても優勝してしまうのが占い師
    泣かせな所(´∀`*) 来場所はどんなカードが出て解釈に困る事やら。

    >稀勢の里 東大関 7勝0敗     今場所の成績 13勝2敗

    ① 棒の9 傷を負い包帯を持った人物が徹底抗戦をしている
    絵が描かれています。彼は例え劣勢下にいても、決して妥協しません。やるだけやって
    結果を待つ!頑ななまでの姿勢が強く反映されています。絵の象徴的に、星を落として
    追っている立場、自分ではどうしようもない相手の取り組み相手による影響、もしくは
    怪我に注意の暗示があります。ライバルの結果次第という所はありますが優勝争いの
    中心に加わっていることが想像されます。

    ②  心の安らぎ 視覚化 執着を捨てる 高い意識
    「心の安らぎを第一優先に考えて下さい。心の安らぎをまず考え遅れることなく前へ
    進みましょう」複数枚のカードの特徴として、意識しすぎている事、肩の力を抜いて
    集中する必要とそれが出来た時、すぐ傍には成果がある事を教えてくれています。


    今場所大注目の稀勢の里、ううーん(ノ∀`) まさにその通りに現れて
    しまいました。稀勢の里を占う上で特に印象的なのが、 棒の9 というカードが 2種類
    のカードで占って正位置 1回 逆位置2回 と3回も登場したこと。棒の9には、敵の多
    い状態、遅れや延滞、やるだけやって待つ状況や精神性を表す場合が多いのですが、
    逆位置となると奮闘することによって消耗し、徐々に負け行く過程を表します。今場所の
    経験がどう次につながるか来場所も要注目です。取組以外でいうと12日目 琴欧洲対
    碧山戦、土俵下に落ちてきた二人に巻き込まれたときは一瞬ひやりとしましたが、注意
    点の一つである、怪我がなくて良かったです。


    >鶴竜

    ① 棒の6 どうやら、優勝争いの鍵は鶴竜が握っている予感がします。
    一時的という要素も含まれますが、優勝争いの主導権を握れるチャンスが
    予想されます。目標に向けて一歩一歩前進する事が出来そうです。

    ② 新しい機会
    「大きな新しい機会が待っています。チャンスをつかんでください。このチャンス
    に信頼して飛び込んでも大丈夫です」タロット同様、チャンスを表すカードが
    表れています。しかし、弱気な心に支配され尻込みしているようでは勝機を
    見逃してしまったり、チャンスは別の形として表れる という可能性も示唆します


    カード的に一番良かった鶴竜、しかしどーしても一時的という要素が浮かんでモヤ
    っとしていたのですが、やはり一時的なもので、早々に優勝争いから離脱して
    精神的に軽くなったということなのか勝機を見逃してしまったようですね。


    そして最後の最後になって現れたのが・・・

    >琴奨菊  東大関  

    ①金貨の王R 少し頼りない印象を受けます。勝利にこだわるあまり少々
    空回り気味のようですね。強情を張って自分を追い込んでしまわないよう
    要注意。余計な事は考えずに集中しましょう
    ② 音楽 奇跡的な癒し 困難からの脱出
    最初の時点で妖精たちにすでに励まされています。今場所は優勝に拘らず一つ一つ
    の取り組みに集中することで自然と成績は向上してくることでしょう。また、自身が優勝争い
    に加わっているかは別として、場所を占う大事な一番になにかチャンスが眠っているような
    気がします。

    >場所を占う大事な一番になにかチャンスが眠っているような気がします。

    ・・・ズバリ、変な予感が当たってしまいました!14日目星を落とし13勝1敗とした
    稀勢の里、琴奨菊に勝ち日馬富士が横綱を倒せば決定戦!という大事な場面で
    稀勢の里を倒し存在感を発揮、 よ り に よ っ て この場面で(ノ∀`)



    今場所を一言で表すとすると・・・ いつものパターン (;´∀`)
    はたしてこの現状が打破されるのはいつごろになるのでしょうか?
    来場所も力士たちの活躍によう注目ですね☆
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]